車買取は角度から

親指で押すことで手首を押してしまっているが、人差し指でそのまま行きたい。元に来た時も肘が上がり過ぎている。折りたたんでくる。
アップは出来たのでダウンも同じ軌道を行く。ダウンで手が下がる。
手が動く元になってしまっているが、肩が元。手を動かすことで腕が動くになっているが、逆。肩が動くことで手が動く。先が主導で動こうとしているが、肩(上腕)が動くから自然に先も動く。猫じゃらしの原理。手で頑張らない。最後まで動かすのは上腕。
弦と弓の接面の2つの直角のうち、車買取は角度からの直角ができていない。2つの直角とは1つ目は上から見たとき弦と直角に交わること、もう1つが駒の丸みに合わせて弦4つがかまぼこ型になっている横から見たときの直角。4つの弦はかまぼこから放射線状に集まって裏板にぶつかる、そこを意識する。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ