車買取の商店が

機械に時計を装着して腕時計を揺らし続けてやれば、ゼンマイ切れとはもうおさらば、というわけです。
しかもこの巻き機は電子仕掛けで、腕時計に最適な揺れを与えることができるようです。

このゼンマイ巻き機、決して安くはない、そこそこの機械式腕時計が買えるほどの値段なのですが、そこまでして(おそらくはもっと高い)機械式時計を買う人が世の中にはいるのでしょう。

登戸名所紹介シリーズ、今回は「多摩百貨店」です。

登戸駅前商店街から枝分かれしてビルの中を通り抜ける小さな商店街、それが「多摩百貨店」です。ただ、現在は多摩百貨店の看板は撤去されていて、正式にはその名前は使われていないようでもあります。
10軒程度の車買取の商店がありますが、入り口の花屋さんと酒屋さん(写真一枚目)以外は飲み屋さんばかりで、昼間は照明も入らず真っ暗です(写真二枚目)。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ